「湯シャン」の効果

「湯シャン」の効果

湯シャンとはシャンプー・リンス・コンディショナーなどを使用せず、
ぬるま湯だけで髪の毛や頭皮の「汚れや皮脂」を落とす洗髪法のことを言います。
有名な芸能人や歌手などが実践していることで注目され始めた洗髪法で、
洗髪にはシャンプーが当然と思っている人には信じられないような洗髪法と言えるでしょう。
しかしシャンプーだけではなく水や湯にも洗浄力があり、
余分な皮脂などは水やぬるま湯で約8割も洗い流すことができるのですから問題はありません。
湯シャンで期待できる具体的な効果は人によって違いがありますが、
「髪がサラサラになり艶がでる・髪にハリやコシが出る・頭皮の脂性が改善される・
育毛効果や発毛効果がある・白髪防止や美髪効果がある」と言われています。

 

湯シャンにはこうした効果を期待できますが、効果を得るには2つのポイントがあります。
1つは、個人差はありますが「髪や頭皮にベタつきを感じることがあること」です。
毎日湯シャンを続けても、ベタつきを感じなくなるには半年から3年かかります。
湯シャンの効果を得るためには、このベタつき感の克服が重要なポイントの1つです。

 

他の1つは、湯シャンの際は「皮脂を落とし過ぎないよう、湯の温度に注意すること」です。
頭皮から分泌される皮脂や保湿成分には頭皮を守る役割があります。
落とし過ぎると頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌、
頭皮の常在菌が減少して悪影響を及ぼすなどの頭皮トラブルを引き起こすのです。
温度が40度を超える湯は、
シャンプーと同じ程度の強い洗浄力を発揮します。
これでは湯シャンは頭皮にとって逆効果ですから、
湯シャンは35度から体温程度の低めで実践する必要があるのです。