気持ち良いシャンプーを目指す

気持ち良いシャンプーを目指す

美容室でシャンプーをしてもらったとき、眠くなってしまった経験はありませんか?

 

プロの技によるシャンプーは、髪に良いだけでなく気持ちをリラックスさせてくれるのです。

 

頭皮に優しく、汚れもきちんと落とす。
そんなシャンプーにはいくつかのコツがあります。

 

まず大事なのは、シャンプーする前のブラッシングです。
髪についた埃や古くなった角質を落とすことで、
髪自体を清潔にする効果を期待出来ます。
上から下に撫でつけるだけでなく、毛先から頭頂部の方向にもブラシを当てましょう。
適度に頭皮が引っ張られるので、顔のシワ対策になるのです。

 

シャンプーを頭につける前に、お湯で濡らす時間をきちんと確保しましょう。
髪と頭皮にシャンプーが絡みやすくなります。

 

シャンプーは掌の上で泡立てておきましょう。
頭に乗せてから泡立てようとすると、頭皮を傷ついてしまいます。

 

泡立てたシャンプーを頭に乗せたら、全体を軽く包み込みましょう。
その後、前頭部から頭頂部に向かって指の腹で撫でながら洗ってください。
力を入れすぎる必要はありません。

 

頭頂部までいったら、耳の上から頭頂部のルートを洗いましょう。
最後に、後頭部から頭頂部を洗えば、頭皮全体を網羅することになります。

 

すすぎは、シャンプーで洗った時間よりも長くとるくらいの気持ちで行いましょう。
すすぎ残しによるシャンプーのカスが、頭皮の衛生環境を悪化させるのです。

 

シャンプーが終わった後は、しっかり髪を乾かしてください。
自然乾燥は、髪が必要以上に乾燥し、頭皮で細菌が繁殖する原因になります。

 

ただし、ドライヤーの熱は髪のダメージソースの1つなので、「遠く、短く」を意識しましょう。
ドライヤーを頭から20センチ前後離し、なるべく短時間で終わらせます。
後頭部、頭頂部、その他の順番で風を当てれば、効率よく乾かすことが出来るのです。

 

縮毛矯正やパーマをかけている方は、
アルカリ性のシャンプーを使うと、とれてしまう可能性があります。
美容師と相談しながら、弱酸性シャンプーを使うといった工夫をしてください。

 

merry原宿店