ツヤのある髪を維持する

ツヤのある髪を維持する

髪が外部からの刺激によって傷つけられると、ツヤを失います。

 

外部からの刺激の筆頭として挙げられるのは、紫外線です。

 

髪の表面を覆っているキューティクルを剥がれやすくすることで、ツヤが喪失するのです。
紫外線は髪のツヤを奪うだけではなく、髪内部のメラニン色素を破壊します。
日中外にいると、髪の色が薄くなるのはこのためです。

 

紫外線は、季節に関わらず年中降り注いでいます。
外出する際には、帽子を忘れずに着用しましょう。

 

帽子ではカバー出来ないほどのロングヘアの方は、トリートメントを利用してください。
トリートメントの目的は、髪のコーティングです。
髪全体にバリアーを張って、紫外線などの刺激からブロックします。

 

反対に、帽子で隠れるくらいのショートヘアならトリートメントは必要ないのです。
髪の短い人が多ので、男性にはトリートメントが必要ないといわれているのです。

 

日差しが強くて、トリートメントだけでは不安という方は、
髪用のUVケアスプレーも併用しましょう。

 

ヘアアイロンを使う際にも、トリートメントは活躍します。
ヘアアイロンの熱によるダメージ量は、ドライヤーの比ではありません。
髪をしっかりコーティングせずにヘアアイロンを当てるという習慣を続けていると、
髪に元気が無くなるのは当然なのです。

 

美容室でトリートメントを勧められるのは、髪を保護したいという気持ちの表れといえます。
縮毛矯正やパーマ、カラーリングのやり過ぎも、髪を傷つけるので注意しましょう。
髪を大切にする意識を持てば、張りとツヤを保つことが出来るのです。

 

サラサラのストレートスタイルを目指すなら、FAROのような縮毛矯正専門店を利用すると良いでしょう。