美容室で褒められる髪に!髪を美しくするヘアケアとは

ヘアアレンジを楽しむために

スキンケアや服装と同じように、髪型は身だしなみの1つです。

 

就職活動のために、普段は染めている髪の毛を黒に戻すのは、
TPOに合わせたヘアスタイルにしようという動きの代表例です。

 

また、ヘアスタイルには身だしなみとしての側面だけでなく、
自分を表現するための手段とも成り得るのです。

 

パーティーなどの華やかな場所では、
いつもと違った髪型でバッチリ決めたいという方も多いことでしょう。

 

印象を変えたいときは、髪型から。
そういわれるほど、ヘアスタイルの外見に及ぼす影響力は大きいのです。

 

髪型を整えたいときに訪れる場所といえば、美容院やヘアサロンですよね。
流行の街渋谷には、人気のヘアサロンが多数存在して、どこに行こうか迷ってしまうほどです。 

 

美容室は女性が行くものという風潮が昔はありました。

 

しかし、最近では男性でもパーマや縮毛矯正をかけることも多いので、
男性が美容室を利用することは全く不自然では無いのです。

 

ハサミを扱うには、専門的な知識と技能が不可欠になります。
だからこそ、髪を扱う職業が存在しているのです。

 

しかし、専門家がいるからといって、髪に関する問題をすべてお任せしても良いのでしょうか?

 

日頃のヘアケアを怠っていて、髪の張りやボリュームが無くなってきた。
そんな状態では、自分の望んだ髪型をキープするのも大変です。

 

また、せっかく美容室で髪を仕上げてもらっても、
その後のお手入れをきちんと行わなかったせいで髪全体が傷んでしまうこともあるのです。

 

美容室で毎日髪をチェックしてもらえば良いですが、それなかなか難しいですよね。
お気に入りの髪型を楽しむためにも、毎日のヘアケアについてしっかり学んでおきましょう。

元気な髪の秘訣

髪の「若さ」は、張りとツヤによって決まります。
張りとツヤのある髪は、その人を年齢以上に若く見せる効果があるのです。

 

反対に、年齢相応なヘアスタイルをしていても、
張りとツヤの無いいわゆる「老け髪」ではアンバランスに見えてしまうかもしれません。

 

張りのある髪とは、太さにバラつきが無く中身がたっぷり詰まっている状態をいいます。

 

髪の中身とは、タンパク質です。
髪は肌と同じくタンパク質で構成されています。
髪に充分な栄養が行き渡らないと、張りの無い萎びた髪質になってしまうのです。

 

タンパク質を髪へと運ぶには、頭皮の衛生環境を改善しなければいけません。
頭皮を洗うときに使うものといえば、シャンプーです。
髪に張りが無くなってきたと感じたら、毎日のシャンプーを見直してみましょう。

 

美容室では、主にアミノ酸系シャンプーという種類が使われています。
頭皮を傷めることの無い、低刺激さが売りです。
頭皮のことを考えるなら、これが1番といって良いでしょう。
ただし、市販のものは高価なため普段使うものとしては手が出しにくいかもしれません。

 

ドラッグストアなどで売っている安価なシャンプーは石油系といわれているものです。
安さと洗浄力の強さが特徴となっています。
ただし、皮膚や髪に対する刺激が強いため、
弱った頭皮にはかえってダメージとなる恐れがあります。

 

石油系シャンプーほど刺激が強くないのが石鹸系シャンプーです。
自然由来の成分が使われており、皮脂を取り除く力が高くなっています。

 

頭皮の状態によってどんなシャンプーが合うかは異なります。
髪に元気が無いときは、
シャンプーが原因かもしれないということを頭の片隅に入れておきましょう。

 

 

更新履歴